モビットのおまとめローンが審査に関する情報は?

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることでこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンを利用することでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

参考:モビットおまとめローン審査は?借金一本化は?【総量規制対象?】

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。