住宅ローンを組む際の審査とは?

マイホームを現金一括で購入する。

この様なパターンは、あまり多くありません。

多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くと支払に関する答えが多いです。

人によって、支払は最長35年にもなります。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますしさらに、人生には突発的な事もあり得ますから支払の途中に病気で入院。

という可能性もあり得ます。

そのため、慎重に考えたうえで借金をすると良いです。

住宅ローン借り換えにはもう一度審査を受ける必要があるので注意が必要です。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。

審査の合否は約1週間前後かかります。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

契約終了には約3.
4カ月かかる事が多いです。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

という事になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合あります。

住宅ローン借り換え人気の銀行というのは中でも低金利のところがほとんどです。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

参照:フラット35のメリットは?公的ローンを選ぶ!【長期固定金利がいいの?】

住宅を購入する際にフラット35を組むことを勧められることがあります。

多くの人はテレビのCMで名前を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳しい情報は知らないことが多いのではないでしょうか。

ローンを利用するには、物件購入価格が1億円未満になっているか、床面積が一戸建てだと70㎡以上など基準以上の数字になっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間固定金利なことなどが挙げられます。

金利固定なので突然支払額が上がるといったことが起きないので余裕を持って返済計画を立てられそうですね。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどが挙がりますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どう決めたら良いかわからないという人も多いはずです。

FPなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないという場合もあります。

CMなどで名前を聞くフラット35について聞きたい場合は各金融機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必要なようなのでHPで会場などの開催情報を確認しましょう。

住む家を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクを嫌ってフラット35で組んだ人もいると思います。

どうせ支払うなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換えができるんです。

その際、メリットが出てくるのは金利差が0.3%以上となっています。

また、このタイミングで変動型にすることもできます。

借り換えをするかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に考えて検討するようにしてください。

融資に際して、改めて審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

あまり利用することのない住宅ローンですが利用する機会がないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約について説明します。

新築で立てる場合では、借り入れの申し込みや設計審査を申し込み、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間程度でわかります。

審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に竣工現場審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に合格したら借り入れの契約や資金の受け取り、資金の受け取りなどの手続きに進めます。

人生で最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で家を買うという人はまずいないと思います。

住宅ローンを組んで資金調達するのがほとんどだと思います。

ローンを選ぶときに変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方はフラット35を活用しましょう。

フラット35の始まった2004年頃に比べ、金利が低く推移してきているので長期間の高額ローンを組むのにべストなタイミングといえます。

また、変動型の方が固定型よりも1%近く低い数値になっていますが変動リスクがあり、毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため毎月の支払額が安定せず返済計画が立てにくいです。

住宅は人生で最大の買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類があります。

いったいこの2種類のプランはどういった部分が違うのでしょうか。

はじめに言っておきたいのが利用者がどちらかを選ぶというものではなく購入する住宅が条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

どういった面を見られるかというと、省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性などが入ります。

中古物件を購入する際にもその条件を満たしていればまた、この制度は新築・中古かは関係なく利用できるのでぜひ活用してください。

住宅を購入するときに利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

その際、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というwebサービスでは物件を決める前に事前に大体の借入可能額が確認できます。

実際の借入可能額を確認するにはアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスなど各金融機関のシミュレーションを利用しましょう。

予算が事前に分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

ローン用語で親子リレー返済という言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代でローンを返しましょうというものです。

住宅ローンのフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で定期的収入がある方など、3つの条件を満たしている場合に利用できます。

この制度の有効な場面としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢になり家をリフォームしたいけど高齢だから長期でローンが利用できない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用しましょう。

バリアフリー化を進めるためのリフォーム時にも利用できます。

住宅を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても何種類かあります。

その中でも、「フラット35」という単語を耳にしたことはありませんか?名称からは特徴が伝わりにくいですが通常の銀行ローンと何が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が必要ないという面があります。

マイナス面としては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。

最近CMなどで見かけるアルヒの住宅ローンですが、どんなローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

1番のウリとしては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績シェアが22%と国内で1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」という物件探しのサービスも行っており、そこでは物件と直結しないような簡単な質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうな物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも別の金融機関に比べ審査スピードが早いことです。

そのため、先に購入可能額を確認できます。