金融業界へ転職することは容易にできる?

金融業界の転職事情というのは、年々競争率が上がっていると言えるでしょう。
金融業界といえば、各種銀行をはじめ、投資信託やヘッジファンド、アセットマネジメントといったような運用会社や、M&Aやコーポレートファイナンスを行う投資銀行といったところがメインとなるはずで、そこから転職を希望する人が自分の能力や経験を活かしてステップアップをしようとしているわけです。
ですから、自然と優秀な人材が集まりやすい業界だと言え、そのぶん競争率が高いのだと考えていいでしょう。
金融業界での転職というのは、即戦力が求められていると言えます。
そのため、ヘッドハンティングのような非公開の求人活動なども活発に行われています。
転職で給料アップする人ってどんな人?【同業種・実績・キャリアの要点】